2008年08月13日

K院長の開業直前準備の報告A

ハルです、こんにちは。7・8・12・13日拍手を頂いていました。ありがとうございます。

9日の日に秋田に行ってきました。朝からK先生と私そしてT看護師の3人で開院の直前準備をしました。今回の準備の目的は、@スタッフ全員の顔合わせ、A各種業者さんとの打ち合わせ、そして、B院内の設備及び機器類のチェックです。

やはり院内の細かい準備は、看護師さんの出番です。私も概略わかりますが、細部になると不明なことばかりです。その点、T看護師は、経験者でもあり、能力もあります。私の出番はないといってもいい位でした。A及びBは、無駄なく的確に進めることができました。T看護師の経験は、かなり使えます。今後が楽しみです。

スタッフとの初顔合わせでも、反感を買うことなく上手くリードしていました。往々コンサルティングをする看護師は、反発を招くことが多いと思うのですが、T看護師は、上手くスタッフに溶け込み、準備を進めていました。コンサルタントは、黒子的な役割ですから当事者(院長及びスタッフ)を引き立て上手くリードする必要があります。その兼ね合いをT看護師は備えていました。

K先生も柔軟な処理能力があり、開業直前の準備は今後順調に進むと考えています。準備が上手くいくかどうかは、やはり院長の対応にかかっています。単なる人任せではなく、自分がトップ(経営者)だという姿勢を持ち、それを行動に示す必要があります。簡単ではないですが、開業が上手くいくか否かは、その点にかかっています。これから開業を目指す先生方は、この点をお忘れなく。

とにかく今回は2人体制のコンサルティングですから、具体的な成果が出る直前コンサルティングをしようと決意しています。


posted by ハル at 18:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハルの回想録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。