2008年09月02日

K院長の開業直前準備の報告C

ハルです、こんにちは。

K先生の開業が今週末に迫りました。開業準備がピークに来ています。30日には、内覧会を行いました。朝10時〜午後4時まで院内を一般に公開したのです。

参加者は、約70人ほどでした。もう少し多いのかなと思っていましたが、この数字です。内覧会の成功不成功は、数字の多寡ではないので余り数字は気にしません。

院長及びスタッフが一丸となり自院を宣伝するという姿勢の強さがどれぐらいあったかが、成功不成功のメルクマールです。この点から言えば、今回の内覧会は成功です。

院長は、真面目に自院を代表する姿勢を見せていましたし、スタッフも一生懸命見学者の案内に努めていました。用意した粗品は、200近くありましたが、残ったのは周辺の人達に配り、より宣伝に努めました。これは意欲の高さの現れでしょう。

内覧会は、単に地域住民への宣伝ばかりではないのです。クリニックの一体性を作り上げる大きなイベントです。したがって、このイベントを院長は重視すべきです。そして、院長は、このイベントを真剣に一生懸命やることが大事です。そのことが、院長とスタッフの一体性を作り上げ、クリニックの総合力になっていくのです。


posted by ハル at 19:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハルの回想録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。