2006年01月18日

良い開業場所とは

ハルです。地方出張していたので、少し間が開きました。前回の続きを書きます。

良い開業場所の条件ですが、私は3つあると考えます。まず、1.人口が多いこと、2.競合が少ないこと、3.目立つ場所(物件)であることです。

1.について、医院、クリニックのお客様は患者さんです。そうだとすると、人間が多い場所、つまり人口が多い場所が最低の条件になってきます。例え、競合(競争相手)が多くても、人口が多ければ、来院患者はある程度見込めるのです。その意味で、人口の多さが必須の条件です。人口の多さは、受療率を基にして判断すればいいと思います(これについての詳細は、後日書きます)。なお、ここでいう人口は、昼間人口も要素に含めます。

2.は、特に大事です。開業は、大なり小なり、限られた患者さんを取り合うわけですから、競合の存在は重要です。特に強力な競合(集患率の高い医院クリニック)が居るかどうかは、重要なポイントです。ダントツの競合がある時は、避けたほうが無難です。ただ、正確には、その診療圏(通常患者さんが自院に来てくれる範囲)内の推定患者数を見て判断します。

3.は、当然でしょう。自院が知られなければ(認知されること)、そもそも自院で診療するという、勝負が取れないからです。


posted by ハル at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | 開業場所選定、不動産契約について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。