2010年12月14日

土曜日のセミナーの報告

ハルです、こんにちは。
土曜日に行なった会計事務所向けのセミナーの報告をします。話のテーマ性は、良かったようです。会計事務所の顧問先には、医院・クリニックもあるので関心が高かったようです。

話は、医院開業の現状を、開業の実態や開業準備の具体的な流れを取り上げながら話しました。あと後半の方で開業してからの問題点を話しました。

講演時間の多くを開業準備の話に費やしましたので、開業後についてはやや内容を、はしょってしまったと思います。ただ、セミナー開催事務局(SDG相続・ドッググループ)から、セミナー後のアンケート結果を頂きましたが、「興味深い話だった」「開業の現状が良く判った」等々まずまずの感想が出たようです。

私の経験から言わせて頂ければ、開業準備中に余り会計事務所の関与が少ないのではないのか?と感じています。開業において、税務関係や資産管理に関係する面は、やはり専門家である会計事務所のチェック等が必須です。ですから、開業準備に入ったら会計事務所との関係も考える必要があります。
私は、事業計画書の作成と資金調達については、提携先の会計事務所と連携をしています。それで、大きな問題が起こらないようにしています。

常々思うのですが、開業に関しては会計事務所との関係が必要不可欠です。会計事務所は、「開業後に考えればいいや」ではなく、開業前から考えてみてください。

事務局からは、来年はより緊密な連携をして具体的なビジネスをしましょう!との申し出がありました。会計事務所との連携は、私の仕事をより的確に行なう上では重要です。先生方の開業資金が無駄なく使われるよう、また、開業後医院クリニック経営が順調に進むためには必須の連携先です。これを機会に会計事務所との関係を見直していこうと考えました。
posted by ハル at 22:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画案内(セミナーなど) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック