2006年09月01日

スタッフ採用時、履歴書を十分見ていますか

9月に入りましたね、ハルです。
昨日ぱちぱち拍手もらいました。ありがとうございます。

今朝、スタッフの採用についてK院長から相談がありました。「いいなと思って採用してもとんでもない人だった、どうも能力的に問題がある、こんなスタッフが多い、どうしたらいいか」という相談でした。

人の採用は、開業準備の中でも一番難しい作業だと思います。そして、開業後に追加採用する場合も同じです。

そこで、スタッフ採用で大きな失敗をしない秘訣を書きます。それは、履歴書を十分にチェックすることです

履歴書は、その本人について、思ったより多くの情報を伝えます。したがって、履歴書は慎重かつ緻密に読み取る必要があります。

まず、形式面です。履歴書の形式を踏んでいないものは、それだけで不採用です。社会的常識が無いということで、採用に値しません。次に、誤字・脱字が2つ以上あるものも面接不可です。ただ、字がへたなものについては、全体として丁寧に書かれていればOKです。

実質面では、職歴が短期間(2ヶ月〜6ヶ月ぐらい)で数多く変わっているものは要注意です。本人に能力が無いか、忍耐力が無いか、または、他の問題があることが多いからです。次に、資格を多数(6以上)持っているのも要注意です。なぜなら、資格の取得のみを売り物にして、本人は意外に能力が無い場合が多いからです。

それと、家族関係を正確に聞く必要があります。両親は健在か、兄弟は何人か、また、応募者の夫婦及び家族関係はどうかです。家族関係がしっかりしていれば、人柄として大きな問題はありません。応募者のご両親に確認を取るのも良い方法です。

労働運動(共産党活動)をしているか否かもチェックして下さい。もし活動しているなら、採用を見合わせるべきです。

それと、宗教活動についても、確認するべきです。これは、就業時の宗教活動を禁止する為です。この点は、採用時に明確に伝える必要があります。

まだまだ、ポイントがありますが、別の機会に譲ります。

posted by ハル at 12:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事問題について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック