2006年10月27日

地方都市での物件探しのポイント

こんにちは、ハルです。中々書けませんね〜。指がパソコンにむきません〜(^^ゞ
10月23日に拍手を頂いていました。ありがとうございます。

昨日と今日は、長野に出張です。今、電車の中で書いています。毎日多忙ですが、色々な案件を処理していて、楽しいです。そのためか、このブログになかなか気合が入りません。読んでいる方ご勘弁を。

ところで、今日の処理案件は、長野の某市です。診療圏調査をしながら、開業物件(土地)探しをしています。地方都市の場合、開業物件の選択は、余り難航しないように思えるのですが、場所によっては、そうでもありません。開業地は、どの場所でも開業成功の成否を大きく左右するだけに一番神経を使うところです。今回の案件もなかなか土地情報が出てきません。

私は、不動産業を10年以上自分で行ってきたので、土地探しは苦ではありません。今まで実施した地方都市での開業案件でも、いくつか土地探しをしてきました。私は、まず地元不動産業さんにあたって漏れなく情報収集をします。それから、これだ!と思う不動産業者さんに、個別に物件情報の収集を依頼します。これで大方は物件が出てきます。

地方都市での物件探しのポイントは、その地域で「有力(業歴が長いとか規模が大きいとか)」な不動産業者さんを探し、物件情報の提供をしてもらうのです。ただ、その際「医院用地で探している」と自分の身分(医師であること)を明かすか明かさないかが問題になります。往々医師であることを明かすと、高い買い物になる場合があるからです。誰か第三者に頼むか、自分の身分を隠して探すのが無難な事が多いです。しかし、身分を明かした場合の方が良い物件が出る場合ももちろんあるのです。悩ましい所です。それほど物件探しはデリケートな難しい作業なのです。

今日のブログは、1月19日付け<合理的に行う開業の場所(物件)選び>の補足説明にします。


posted by ハル at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業場所選定、不動産契約について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。