2012年10月25日

昨日の補足

ハルです、こんにちは。
昨日のレポートについて若干補足します。

昨日のレポートは、「もう大都市は開業場所ではない」と述べた訳ではないです。あくまでも今後の1つの流れとして「地方での開業が主流になる」と述べたのです。大都市である以上、人々は多く居ます。しかし競合も多いわけです。大都市の開業でのメリット&デメリット、地方での開業でのメリット&デメリットその両方を考えた末に開業地を選択して欲しいからなのです。

私が言いたかったのは、「大都市ばかりが人の住みかでは無い」ということです。農村、山村、地方都市それぞれに人は住んでいるのです。医療は全ての人のためにあるのです。その点を忘れてはいけないのです。 医療はその社会情勢にも対応しなければならないという意味で「地方での開業」を見つめたのです。

追記/後日、ネットでこんな記事をみつけました。
リンク先が閉鎖されていましたので、削除いたしました。
<地方移住>4年で2.9倍「首都・近畿圏から」3割


posted by ハル at 18:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方での開業について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。