2007年01月25日

開業について考えてみる(3)

ハルです、こんにちは。昨日25日拍手を頂いていました。ありがとうございます。

今日も開業について考えてみます。前回は、「開業の損得」について書きました。今日は、「開業(というより「仕事」というべきでしょう)は面白い、面白くない」という、観点から書いてみます。

この面白い、面白くないという評価は、かなり重要だと思います。なぜかというと、開業が面白いと@心身共にいい影響を与えますし、A毎日が楽しいし、B生きていると言う実感(充実感)があるからです。

それぞれ考えてみます。まず、@ですが、基本的に面白く楽しく仕事をしていると、体内ホルモンが活性化し、健康に良いようです。いいアイディアがそんなに苦労もせずに出てきたり、疲れているはずなのに身体が軽いとか言う゛あれ゛です。それに、ストレスも余り溜まらないと思います。

次に、Aですが、やはり毎日が充実していて楽しい(苦労はするけれども)と理屈抜きで良いと思います。仕事は、人生の半分以上の時間を費やすものです。その時間が楽しいということは、生きている喜びが大きいです。

そして、Bですが、生きている実感を味わえるか否かは、人間の人生にとって大きいことだと思います。この点も忘れてはならないと思います。

さて、以上の点から開業を考えると、結論が分かれると思います。たとえ自院が繁盛していても「面白くないときは、面白くないはずです」。反対にそれ程繁盛してなくとも面白くやれる場合もあります。

そうすると、この「面白いか面白くないか」という検討項目は、結果として、開業の是非を考える判断項目にはならないことになります。しかし、そうとはいっても大事な判断基準のような気がします。ちょっと今日は、まとまりませんね  m(__)mやはり、それだけ開業すると言うのは、深い事なんだなぁ。と改めて思いました。
posted by ハル at 23:49| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 開業準備全般について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
開業のメリット、デメリットについて開業4年目の
新米として挙げるとすると・・・・・・
(ビル診で住居と一緒ではなく緊急往診がない開業)

一番のメリットは当直がないことです。

これは産婦人科、小児科、脳外科、循環器内科、
麻酔科などから開業すると天国のように解放
された感じになります。

病院勤務時代はいつ救急車が来るか、いつ病棟
から呼ばれるかと仮眠中も本当の意味で熟睡して
いなかったと思います。

まず自分の時間を持てるようになったことが
開業した大きなメリットです。

デメリットや苦労も多々ありますが人生80年時代
の後半生を自分のペースで生きるのもいいのでは?



Posted by まだまだ新米 at 2007年01月26日 16:10
ハルです。コメントありがとうございます。

開業を楽しんでいる様子ですね。やはり人生楽しく生きないと損だと思います。人生を楽しく生きるためには、ちょっとした工夫でできます。先生のような決断(開業)もその一つだと思います。

ここ数回、開業をするかしないかについて、大事な部分を書いています。これは、開業を冷静に考えて欲しいからです。

まだまだ新米さんは、その点良く考えて開業し、いい結果を出しているのでしょう。今後も楽しんで開業を維持し、人々のためになってください。時々コメントも下さい。

ありがとうございました。
Posted by ハル at 2007年01月27日 09:22
返信有難うございます。

昨日の私のコメントは辛いことから逃げるために
開業したようにとられてしまいそうなのですが、
あれはあくまでメリットの一つです。

開業のよさは近所の人たちの健康管理を通じて
「地元に貢献している」という実感を味わえること
ですかね。

健診でがんを見つけ大学病院に送った方が
手術を終え元気に戻ってきたり、投薬が
うまく奏功して長年悩まされためまいが治り
えらく感謝されたり。

最初に患者さんがコンタクトする一線医院としての
機能をしっかり果たした時は大学病院にいた時とは
違った喜びがあります。

私も地域一番店理論、是非実現したいと思います。

ところで開業なびの「開業実況中継」のその後の
報告を待っていたのですが続きはないのですか?

どんな増患の手を打ち結果がどうなったか
とても興味が有ります。
Posted by まだまだ新米 at 2007年01月27日 17:21
更なるコメントありがとうございます。

開業実況中継の続きご所望ですか。ブログか開業なびにて早急に手を打ちます。やはり生きたドラマは興味がありますか。
Posted by ハル at 2007年01月28日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック