2007年02月10日

地方での開業の長所は(序章)

ハルです、こんにちは。昨日9日拍手を頂いていました。ありがとうございます。

今日は、地方での開業について考えていることを書きます。私がここで言う「地方」とは、「東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、名古屋市、大阪市、福岡市、札幌市(いわば大都市的な町)」を除いたすべての地域を念頭においています。それ程厳密に定義しては居ませんのでご理解ください。

さて、地方での医院クリニックの開業は、今後増えると思います。そこで、地方での開業のいい面を考えてみます。

まず、競争が厳しくないことです。勿論、場所によっては厳しいところもあるでしょうが、まだまだ競争は厳しいとは思えません。この点に着目して、大きな成功を目指して地方での開業を計画するのも賢い開業の一方法です。

次に、全般に開業コストが抑えられるでしょう。開業費はかなりかかりますが、開業後の人件費や水道光熱費等の経営コストは安いものが多いでしょう。

そして、なんといっても生活がゆったりするでしょう。大都市では、やはり人が多いので、ゆったりした生活を確保するというのは困難だと思います。簡単にはいきませんが、少なくとも大都市での開業よりは、結果的には楽な面が多いと考えます。こう言う開業プランもありだと思いますが、いかがでしょうか?






posted by ハル at 15:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方での開業について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。