2007年05月02日

お気に入りの本紹介11

ハルです。連休の中日に入りましたね。今日はお気に入りの本の紹介です。日経ビジネス人文庫、稲盛和夫著「稲盛和夫のガキの自叙伝」です。久しぶりに感動した本です。(1日拍手を頂いていました。ありがとうございます。)
19249.jpgご存知のように稲盛和夫さんは、京セラを世界的な会社にした経営者です。仏門にも一時入り、僧侶の資格(?)も持っているはずです。

この本は、終始一貫、経営者の姿勢がどうあるべきかを自分の経験を通して述べています。その点に人を感動させるものがあるのでしょう。稲盛氏は、社会奉仕に経営者の重要な使命があるといっています。経営者の姿勢は一つではないと思います。いろいろあっていいと思います。しかし、一つの望ましい姿を示しています。

連休で時間がある先生は、是非著名な人、できれば経営者の自伝を読んでみてください。元気が出ます。この本は、その点お勧めです。
posted by ハル at 09:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろツール紹介&ハルの本棚 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック