2015年04月15日

60歳の雑感A

ハルです、こんにちは。

 前回では、明日このブログを書くと公言しましたが、1週間ほど経過しました。いつもの悪い癖です。お詫びします。

 今日は、「今後の日本について」という大きなテーマですが、私の予測から言うと、平成27年〜40年までは、今までにない激動の時代が来る!と予測しています。コンサルタントである以上、時流を読むのも仕事の内だと思っています。

 まず、政治ですが、少なくとも平成27年〜37年は現状の「我よし政治」が続くでしょう。その後は、まともな政治家が出始め、平成40年頃からは、名実ともに良好な政治が運営されると予測しています。いろいろ本を読んで分析・予測した結果がコレになりました。

 経済ですが、確実にここ3年間は不況そして恐慌が続くと考えています。今までの経済体制は、かなり無理がありました。「強いもの勝ち、どんどん成長させる、大量生産・大量消費」、という発想だからです。だから今、地産地消・リユース(3つのRと呼ばれています)が叫ばれているのだと思います。無理、無駄が多かったのです。これでは順調且つ安定的な発展は無理です。自然の摂理に反しているのです。人口ピラミッドが逆三角形になっている。と言うのが、不自然ではなくてなんなのでしょうか?

 社会についても、超高齢化、少子化、非婚化という社会問題が深刻化してきています。自然の摂理に反した社会の進め方では、日本の発展に結びつかないと考えています。日本は、世界の中で恵まれた且つまともな文化を持った成熟社会なのですから、理想的な発展をする必要(自然の摂理に沿った発展)があるのです。それをやらなければなりません。

 青臭く且つ抽象的な論調になりましたが、本当にここ10年は超激動の時代だと考えます。しかし、日本の未来は、絶対に明るいと確信しています。先生方、それぞれ明るい未来に向かい行動してください。
posted by ハル at 18:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック