2015年08月17日

必読の本の紹介「地方消滅と東京老化」増田寛也 河合雅司 ビジネス社@

ハルです、こんにちは。

今年も猛暑です。いかがお過ごしですか?ハルは、お盆休みを3日とりました。久しぶりに、13日は1日ゆっくりしました。昼からビールを飲み、夕方は5時前からビール、ワインとお酒をゆっくり飲みました。ハルの数少ない楽しみは、読書と仕事と美酒の飲み比べです。飲む量は少ないですが(2合〜3合)、厳選(高価な酒ではなく、良質の酒)した酒を飲みます。

今回も美味いワインを飲みました。最近凝っているのはチリワインです。義弟がチリで事業をしているのでその影響です。チリワインは、非常にコストパフォーマンスが高いです。岩手のワインも質が高いですよ!

さて、7月に購入した良書を今回は、紹介します。「地方消滅と東京老化」増田寛也、河合雅司 ビジネス社。

この本は、以前紹介した「地方消滅」増田達也 中公新書 の続編的な本です。非常に深い内容で刺激を受けます。次回以降は、その概要をお伝えします。

AY117_L.jpg

posted by ハル at 10:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハルの日常 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック