2016年05月25日

医療ビルの新しい形A

ハルです、こんにちは。

前回に続きます。医療ビルに新しい形を盛り込むのは、集合医療施設の機能をより発揮するためです。ただ単に複数の診療所(医院、クリニック)が集まっているだけなのではなく、それぞれの診療所が自分の診療科を基本(核)にして、同じビル内にある他の診療所と連携を取りあい、より中身が濃く且つ広範囲iに健康関連情報を発信していく事を目指すのです。

今後、診療所は単に病気の発見・治療の機能ばかりではなく、予防(医学)を始め広く健康に関する情報を広範囲に発信していく機能が必要ではないかと考えます。それも医師の役割ではないかと考えます。次回は、その内容を具体的に書きます。



posted by ハル at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業場所選定、不動産契約について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。