2017年03月07日

診療圏調査の再考A

ハルです、こんにちは。

前回に続き、診療圏調査について書きます。今回は、Bの現地調査について書きます。現地調査をしない診療圏調査がありますが、問題外です。診療圏調査は、単なる数字や図面及び文面の判断ではないのです。数字等のデータは、基礎データであって、やはり診療圏全体を現地に行って精査する必要があります。

私は、その点が必須作業だと考えています。現地に行けば、開業物件の状況が判り、色々な問題点が明確になり、そこでの開業の判断に正確且つ緻密さが出てきます。この点は、非常に重要です。開業の成功を左右します。

また、現地を見ることで、色々な動きが出てきます、集患対策や求人対策等です。それほど現地調査は、有益且つ不可欠なのです。
posted by ハル at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療圏調査(市場調査)について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック