2020年02月10日

雑感

ハルです、こんにちは。

ハルは、実は、前回書いた「世界が大激動の時代を迎える」ことは、10年以上前から頭に入れていました。私のコンサルタントの師である、故船井幸雄先生は、近未来予測の中で、「21世紀前半は激動の時代で、2020年頃までには地球が大激変する」と言っていました。まさに今回の新型コロナウイルスがその端緒ではないかと考えています。

中国で始まった新型コロナウイルスが、世界に広がり、経済を悪化させ、社会生活を混乱に陥れるでしょう。具体的には、多くの大企業や中小企業が不況に陥り、経済状況が悪化するでしょう。中国では、多くの人々が生活に支障を来し始めているようです。日本も他人事ではないと考えます。

故船井幸雄先生は、20世紀は世界文明が進歩したが、それに伴う弊害も色々出た、そして、その弊害がここ20年〜30年でピークに達するという予測をしています。それがまさに今だと思います。

ハルは、今の時代が駄目だと考えていませんが、衣食住全般に弊害がでていると考えています。特に、食の乱れは、日本人の健全な存続に危機を招いていると考えています。食は、人間が生きて行く上で基本です。正しい食、豊かな食、健全な食が、日本人を正しく存続させ、発展させると考えています。激動の時代を迎え、ハルも3年前から食に関する動きを兄達と起し始めました。次回それを紹介します。
posted by ハル at 05:20| 東京 ☀| Comment(0) | コンサル仕事百景 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。