2020年02月21日

雑感

ハルです、こんにちは。

前回で紹介した、農業の実践は、もう一つ構想があります。それは、農業の実践を通じて、街作りをしようと考えています。田圃、畑を整備し、地域の人々を農業に参加させ、地域の活性化を図っていきたいのです。当然、医療の問題も含みます。

前に書きましたが、高齢者の活性化は、今後の日本にとり重要な課題です。それは世界も同じでしょう。そこで、日本が、世界に向けて、一つの良いモデルを出すべきだとハルは考えています。高齢者は、60年間、70年間と生活して来た訳です。その体験は、文化や経済にとり貴重なものです。それを活かさなければなりません。高齢者は、市民の財産と言えるものです。それを活かさないのは損です。

高齢者の問題は、各自の問題でもあります。ハル自身の問題になってきています(笑)。誰でも高齢者になります。その時、社会が高齢者を大事にしていなければ、寂しい老後となります。それは、避けたいです。その為にもハルは、農業の実践を通じて、良い社会体制のモデルを作り、自分の人生を終わらせたいです。

世界は、大変革期に入ります。この変革期を乗り切り、「全世代の人々が楽しく豊かに過ごせる社会を作る」、その行動をする必要があると、ハルは考えています。


posted by ハル at 21:16| 東京 ☀| Comment(0) | ハルの日常 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。