2022年07月16日

2025年問題について@

ハルです、こんにちは。

2025年問題」を知っていますか?「日本は、2025年(令和7年)には4人に1人が75歳以上の後期高齢者になっており、それが国民の各種の生活に大きな影響を与える」という問題です。この問題が、どれだけ日本国民の生活に影響を与えるか考える必要があります。

まず、「労働力」が583万人不足する(政府機関の調査)。「医療」については、医師不足・看護婦不足が進み十分で適切な医療が実現できない。後期高齢者の増加に伴い、社会保障費が増大し、2025年には140兆円程になる(政府機関の調査)。全国的に空き家が増え、約5軒に1件は空き家となる(政府調査)。その他にも介護の問題、食料の問題、地域の過疎化の進展の問題が言われています。
posted by ハル at 19:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル仕事百景 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック