2008年01月26日

田村豊先生の開業準備(3)

ハルです、こんにちは。

今日は、田村豊先生の開業準備についての最後です。始めに書いたように、開業準備作業で特に優れていたのは、3点ありました。その中でも、スタッフの構成を充実させたことは特筆ものです。

具体的には、受付事務のスタッフを3人雇い、その中で事務長役(若い優秀な男性)を置いて、実効的な組織にしました。その事務長は、単なる管理者ではなく営業的な役割も担っていました。

なんと、その彼は、時々近隣の会社、学校に営業に出ていました。何をしたかというと、自院のパンフを持って、自院の内容を紹介し、検診等の売り込みをしたのです。これによりクリニックの知名度は上がり、且つ患者さんを呼ぶことができました。

また、他のスタッフも優秀な人達を入れました。その結果、窓口業務は一流ホテル並みの質の高さを持っていました。てきぱきと卒なく受け付け対応をし、見ていて気持ちの良い対応でした。看護師さんも優秀で、患者さん達の評判が良く、最初は集患に苦戦していましたが、数ヵ月後には、口コミが出てきました。

このスタッフ達の採用は、田村先生がほとんど自分でやりました。事務長役の男性は先生のバイト先の病院から確保しました。事務の女の子の1人も同じです。看護師さんは、募集ですが、面接を十分にし厳選しました。その結果、大半のスタッフは、長期間クリニックで働き、実績を上げていました。それが今の田村クリニックの基礎を作ったといえるでしょう。

通常、人事の問題は、数年かけて学ぶのであって、田村先生のようには行きません。しかし、人事の問題は、医院クリニックの経営問題で一番重要なので、常に院長の重要課題として意識し研鑚すればいいと考えます。そのためには、先日書いた「人脈の利用」を実践して、適切な相談相手を見つけ相談していくことです。とにかく経験と勉強です。

田村クリニックのホームページ(http://www.tamuracl.com/)があるので、是非見てください。グーグルで「田村クリニック」と入れてもトップに出ます。ちなみに「医院開業コンサルタント」と入れるとどうなるでしょうか?(大笑)



posted by ハル at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハルの回想録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。