2008年04月08日

Mクリニックの集患・増患作戦の実況中継H

お待たせしました。Mクリニックの実況中継をします。色々な仕事や行事があったので、なかなかご報告できませんでした(^_^;)。しかし、Mクリニックに対しては、週に2回は訪ねていました。仕事は確実にこなしていました。

そのため、コンサルティングの成果は、まずまずあったと思います。以前に書きましたが、3月の一日平均患者数を25人と目標設定していたのですが、24.8人という結果でした。目標は達成できませんでしたが、数字としてはほぼ満足のいくものだったと思います。院長も評価はしてくれました。

一日30人を越える日が4日ほどありました。もっと行くかと思ったのですが、それほどでもなかったです。しかし、30人を超えた日の中身は、なかなかのものでした。というのも、新患が半数を超えていたのです。また、院長の専門であるリウマチの患者さんも少しずつ増えてきています。

いつも言うことですが、「新規開業の場合、いかに自院を認知させるのか」ということが大きな課題です。それについて、余りお金をかけずに達成したと思います。@ポスティングで「健康教室のお知らせ」を3500部撒いたこと、A同じくホームページで告知したこと、そして、B院長ブログ及びスタッフブログをできるだけ書いてもらいました(ちょっと院長のブログは、更新に間が空くのですが・・・)

たったこれだけのことしかしていません。経費的には5万円以下で済みました。これは非常に費用対効果が高かったと言えるでしょう。

もちろん、院内での対応は院長を始め、他のスタッフもできるだけ患者さんに丁寧に接してきました。(私から見ると、まだまだ接遇は弱いと判断しています。しかし、かなり全員が努力をしています。)その成果も当然出ていると思います。


集患・増患は、クリニックの総合力によって達成されるものだと思います。単発的に、チラシを撒いたり、ホームページを更新・充実(追加修正)しただけではダメです。院内では接遇を良くしたり、院内環境を快適にしたりと、あらゆる面での緻密な対応をしないとなりません(理想を言えば)そうしないと、患者さんは増えていかないし、評価にも結実しないのです。その意味で、Mクリニックは、まずまずその点を実践してきたと思います。

今月以降どうするか、M院長と近々打ち合わせをします。
(Mクリニックの内部)


P1061458.JPG


posted by ハル at 11:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 集患・増患対策 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。