2008年02月14日

朝霞溝沼医療ビルについてD

朝霞の医療ビルは、98%完成しました。昨日ビル内をじっくり見てきました。このビルを設計した設計士さんがセンスの良い方で、非常に明るく品の良いビルに出来上がりました。

テナント募集の看板をビルの目立つところにかけたら、周辺住民の方から「開業はいつになるのか?」との問い合わせが十数件ありました。また、地元朝霞の保健所にも同じ問い合わせが数件あったようです。関心の高さが感じられるうれしい反応でした。


続きを読む


2008年01月30日

朝霞溝沼医療ビルについてC

実際に立ち上がりましたので、画像をあげておきます。

asaka1.jpg

asaka2.jpg


このビルには、いくつかのこだわりがあります。随時紹介します。

2007年11月18日

朝霞溝沼医療ビルについてB

ハルです。こんにちは。2006年8月・2007年2月に引き続き3回目の朝霞の医療ビル建築計画について報告致します。

まもなく埼玉県朝霞市溝沼に医療ビルが完成します。

医療ビルとしては、小規模(4クリニック、1薬局)ですが、今まで手がけてきた医療ビルでの開業の経験を踏まえて、計画を進めます。

(物件の特徴)
1.4科目のクリニック(候補は、内科《内定》、整形外科、婦人科、小児科、耳鼻咽喉科、皮膚科、眼科の中から先着順)を入れる予定の医療ビルです。
2.診療圏内には競合が少ないです
3.医療ビルとして、緻密な企画を練り、集患、増患が順調に行くようにします。
4. 駐車場が36台あります。

(募集開始日) 募集中
(物件名) 田中メディカルビル(仮称)
(所在地) 埼玉県朝霞市溝沼 760
(最寄駅) JR武蔵野線北朝霞駅、東武東上線朝霞台駅徒歩約10分
(賃貸条件)
(賃料)坪10,000円
(管理費)2,000円(予定)
(保証金)賃料の6ヶ月
*諸条件については、相談できます。

建物概要: 鉄骨造2階建て エレベーター有り(11人乗り・身障者対応)

駐車場: 36台

面積: 1.1階40坪 2.1階50坪 3.2階30坪 
    4.2階20坪
※面積は相談可能です
竣工日: 平成19年12月(予定)
引渡し条件: スケルトン渡し
入居可能日: 相談

2007年08月19日

最近のハルの活動報告&朝霞報告

ハルです、こんにちは。7・15・17・19日拍手を頂いていました。ありがとうございます。

今週も終りです。暑さのせいで、余り動けません。午前中外出し、午後は事務所や家で、書類作成や資料整備です。今年の暑さは、やはり異常です。北国育ちの私には、苦手な環境です。それでも、今後の大きな動きの端緒が2、3出てきました。

1つは、続きを読む

2007年02月07日

朝霞溝沼医療ビルについてA

これは、去年8月24日に書いたブログの続きです。続きを読む

2006年11月08日

駄目な開業場所(物件)は、…(2)

ハルです、こんにちは。

今日は前々回書いた、「駄目な開業場所(物件)」の続きです。

それは、続きを読む

2006年08月24日

朝霞溝沼医療ビル(仮称)の紹介

医療ビルの紹介をします。

(所在地)埼玉県朝霞市溝沼760

(概 要)・2階建ての医療ビル(鉄筋コンクリート)
     ・1階50坪、40坪。2階30坪、40坪、20坪(4〜5区画で計画中)
     ・予定科目は、内科、整形外科、耳鼻科、眼科、婦人科、心療内科。
     ・調剤薬局併設
     ・駐車場35台以上
     ・ビルの竣工予定−平成19年6月

(交通手段)JR武蔵野線北朝霞駅、東武東上線朝霞台駅徒歩10分

(コメント)
     診療圏内は、人口が多く(約35,000人)医療機関が少ない地域です
     診診連携を望む開業希望の先生には、面白い開業案件になるでしょう

下記写真は、当医療ビルの完成予想図です。明るく機能的なビルを目指します。それぞれの写真上をクリックしてください。画面が大きくなります。

05パース.gif




03パース.gif



2006年01月21日

医療ビルについて

ハルです。こんにちは。

今日は、朝から雪が降っています。寒い一日です。最近の流れとして、医療ビルブームが来ているようです。私のところにも、ドクターを入れてくれないか?と、ビルオーナーや不動産業者から依頼が多く来ます。医療ビルがブームなのは、多くはビル側の都合でそうなっているだけで、本当にドクターや患者さんの立場に立っているかは、かなり疑問です。強いて言うと、複数の医院、クリニック(診療所)が集まっているから、ドクターや患者さんに便利だろうという論理です。

確かに、1箇所に複数の医院、クリニックが集まっているのは、患者さんとっては一見便利そうです。しかし、それらの医院、クリニックが本当に「充実した医療サービス」をそれぞれ「連携して」提供しているかです。私の見聞きするビルの多くは、そうでないような気がします(当然、すべての医療ビル、医療モール等を見てはいないので、正確な表現ではないのですが)。言わしてもらえば、単なる医院、クリニックの寄せ集めのような気がします。統一性と言うものは、大切な要因のひとつだと考えます。

そもそも開業しようとする先生方にとって、医療ビルはどんなメリットがあるかです。第一は、複数の医院、クリニックが集まっているので、集患上有利に働くという点です。それぞれの医院、クリニックが連携を取り良質のサービスを提供しているかです。それがあっての集患効果です。いいサービスを提供していなければ、いくら複数のクリニックが集まっていても集患率は高くはなりません。

ですから、医療ビルに集患を期待して入ろうとするときは、よくよく他の医院、クリニックの内容を慎重に判断する必要があります。その判断は、簡単ではないのですが、手っ取り早い方法は、その院長先生達とじっくりいろいろなことを話すことです。話してみて、「おいおい大丈夫か」とか「変な違和感がある」ときは、そこに入るのは避けたほうが無難です。それと、そのビルのオーナーや管理者と、やはりじっくりいろいろなことを話すのです。そこでも違和感があるときは、入居をやめるべきです。

医療ビルや医療モールは、形はできますが、充実した中身は良い企画と関係者の質です。その点お忘れなく。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。