2017年09月01日

ご無沙汰しました。

ハルです、こんにちは。

ご無沙汰しています。中々このブログを書けないでいます。その理由は、次に書いていきます。

ここ5年程は医師の開業に力を入れてきませんでした。しかし、ハルも、62歳です。60歳を過ぎて決意しました。仕事において、今までの総決算をしよう、60歳代を最高の充実した期間にしようと決意しました。

理由は、個人的な面、そして一事業人としての面です。

まず、個人的な面です。やはり人生において何か足跡を残したいと思っています。その点では、今までの仕事をより洗練して、目に見える足跡を残したいと考えています。それは、今まで以上に良い医院、クリニックを残したいのです。「良い医院、クリニックとは」と問われますが、それは、人々に本当に役立つ医院、クリニックの基礎を提供したいのです。続きを読む
posted by ハル at 15:52| 東京 ☀| Comment(0) | ご挨拶 | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

開業コンサルタントの1日

ハルです、こんにちは。

今日は、祝日です。世間は休みですが、私は仕事をしています。いわゆる自営業なので、定休日とかはありません。前にも書きましたが、余り仕事を休みたいと思わないので、ほとんど休み無しで仕事をしています。まったく苦ではありません。ありがたいことです。

私の1日は、朝メールの整理をして朝ご飯を食べそれから会社に行きます。会社では、資料整備やメールの整備、情報収集が多いです。それと、現地調査や顧客又は業者との打ち合わせです。

毎日が多忙ですが、今では本当に毎日が楽しいです。これは最高の幸せです。
posted by ハル at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル仕事百景 | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

医院開業マンツーマンセミナー開催報告A

ハルです、こんにちは。

前回に続き、医院開業マンツーマンセミナーの報告をします。前回は、私の全体の感想を書きましたが、今回はセミナーの内容についての感想を書きます。

セミナーは、3回にわたって行います。1回目は、開業の現状と将来、開業準備の流れ、開業の為の基本構想について、開業場所選定の重要性、診療圏調査についてです。

2回目は、事業計画について、資金調達、開業準備のスケジュールの検討についてです。

3回目は、医院、クリニックの建築と内装について、集患対策、人材の募集及び教育について話しました。

全体を通して、続きを読む
posted by ハル at 18:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画案内(セミナーなど) | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

医院開業マンツーマンセミナー開催報告@

ハルです、こんにちは。

昨日、医院開業マンツーマンセミナーの第1弾(3回セット)が、無事終了しました。3/3(開業の基本構想の策定と開業場所選定)、3/10(事業計画策定と資金調達の進め方)、3/17(医院開業における建築・内装、集患対策、そして人事対策について)の3回にわたって、それぞれ2時間を基本として行いました。

今回は、40代の医師(男性)が受講していただきました。第1回目は、お互い初対面で緊張しましたが、2回目以降はやや慣れて、先生からも質問が出て、しっくりした(?)セミナーになりました。3回目は、奥様(医師)も参加していただきましたが、私は、ややテーマの内容とはずれた話もしました(先生、すみません。後日埋め合わせをします)。

今回は、私の全体的な印象を報告します。続きを読む
posted by ハル at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 企画案内(セミナーなど) | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

診療圏調査の再考B

ハルです、こんにちは。

今日は、診療圏調査の再考の最後です。B競合の調査について書きます。

競合とは、自院の競争相手のことです。通常は、自院の標榜する診療科目を標榜し診療している医療機関のことを言います。診療所(医院、クリニック)及び病院を言いますが、病院は、やや機能が違ってくるので、診療所を中心に考えます。この点は、自院の推定患者数の判断の時、考慮しますので大きな問題は無いです。

競合については、その内容及び住民の評価を慎重に判断します。まず、内容は、立地、規模、院長のプロヒィール、スタッフ、医療機器、開業年数等を各種の資料より判断します。私は、少なくとも一度は、その診療所を診療中に訪問し、その様子を見ます。これで色々なことがわかります。

また、住民の聞き取りも重視します。この聞取りでその競合の強さや特徴、将来性が推測できます。この聞き取り調査は、診療圏調査の中で非常に重要です。今度、聞き取り調査についてじっくり解説します。

競合の調査は、自院の競争相手の問題なので、やはり、緻密に調査し、開業してから問題が起きないようにしてください。

posted by ハル at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療圏調査(市場調査)について | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

診療圏調査の再考A

ハルです、こんにちは。

前回に続き、診療圏調査について書きます。今回は、Bの現地調査について書きます。現地調査をしない診療圏調査がありますが、問題外です。診療圏調査は、単なる数字や図面及び文面の判断ではないのです。数字等のデータは、基礎データであって、やはり診療圏全体を現地に行って精査する必要があります。

私は、その点が必須作業だと考えています。現地に行けば、開業物件の状況が判り、色々な問題点が明確になり、そこでの開業の判断に正確且つ緻密さが出てきます。この点は、非常に重要です。開業の成功を左右します。

また、現地を見ることで、色々な動きが出てきます、集患対策や求人対策等です。それほど現地調査は、有益且つ不可欠なのです。
posted by ハル at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療圏調査(市場調査)について | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

診療圏調査の再考@

ハルです、こんにちは。

診療圏調査」は、医院、クリニックの開業準備作業の中でもっとも重要な作業です。その診療圏調査が、まだ開業する先生達に的確に理解されていないようです。そこで、何回かにわたり診療圏調査の重要なポイントをかいつまんで説明します。

診療圏調査では、@その物件(土地又は建物)の診療圏設定、A各種データ収集、、B現地調査、C推定外来数の算定、D競合の調査分析が重要になります。

ハルは、その中で特に@、B、そしてDを重視しています。まず、@ですが、続きを読む
posted by ハル at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療圏調査(市場調査)について | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

開業の成功について

ハルです、こんにちは。

以前にも数回触れていますが、医院・クリニックの開業を成功させるためには、先生が事業主として進むための勉強する必要があります。特に、成功の為のノウハウを一通り勉強する事は大事です。

ハルは、仕事柄いわゆる「成功ノウハウ本」を数多く読んできました。数十冊は読んでいます。その結果得たものは、「成功のノウハウは、実際にある、それも難しいノウハウではない」と言う結論です。

ハルも、以前からそのノウハウを色々と実践してきました。誰にでもあてはまる、わかりやすい答えと言うものはありません。しかしながら、得るものは大きいです。開業コンサルティングを20年以上続けてきたこと、そのコンサルティング先の先生方は過半数が大成功を収めているのです。これは、コンサルタントとしては、まずまずの成功ではないのか?と自己評価しています(笑)。

2017年02月21日

医院開業の成功とはなにをいうのかB

次回の続きです。

毎日が充実し日々の生活が楽しい」という条件ですが、ハルが60歳を過ぎて悟った人生論に基づく条件です。確かに、医院・クリニックの開業については、「開業は甘くない、苦労の連続だ」とか「院長は、人一倍苦労が多い」等々厳しい見方が多いです。

開業して院長になるのは、経営者の役、リーダーの役、医師の役等々、色々な社会的地位を得ます。簡単ではありませんが、実現は十分可能です。ポイントは、次の3点を満たすことにより可能です。

特に開業準備の時に@目標をしっかり策定し(開業準備が実際に始まった時に揺らがない信念が必要です)A良い開業場所(物件)を選定し(コンサルタントの力を借りるのも良いでしょう)B日々色々勉強することです。特にBを継続する必要があります。上述したように、院長は、各種の社会的な役を持ちます。その為に日々勉強するのです。勉強は、各種の本を読んだり、多くの人の話を聞くことです。特に、読書(専門書や雑誌等を熟読すること)は最重要です。ハルは読書が趣味です。月に各種の専門書や雑誌を数十冊読みます。勉強が楽しくなったら、仕事が楽しくなり、充実してきます。まさに成功に近づいたのです。

特に開業準備の時は「成功のノウハウ本」続きを読む

2017年02月20日

医院開業の成功とは具体的に何を言うのかA

ハルです、こんにちは。

前回で、開業の成功について、定義しましたが、もっと具体的な定義も挙げられると思います。しかし、ハルは、特に「開業して日々が充実して楽しい」という精神面に重点を置きたいと考えます。仕事の喜び、それは達成感と充実感とやりがいです。もちろんいろいろな苦労はあります。しかし、それを乗り越えてなお、自分の手で成し遂げた!と言う喜びにまさるものはない。とハルは考えます。

開業により「経済的に相応の利益を得て」という要素は、基礎的な部分です。事業ですから当然の部分です。ハルは、開業したら勤務医時代の年収の2倍以上の収入を得る目標を先生に持ってもらいたいのです。決して無理な数字を言っているのではありません。具体的には2000万円〜3000万円(税引き後の数字)の年収です。私が開業支援した先生の7割以上が2倍以上の年収を得ています。多い先生では、5000万円以上の年収を得ています。

収入は、多い方がいいです。お金は道具です(ハルはそう考えています)。人生を充実させ、楽しくするには、道具が多い方が実現度が高いです。その点で収入を十分に得ることを、成功の条件にあげます。

次の「毎日が充実し日々の生活が楽しい」と言う条件は、次回に書きます。