2015年10月04日

高校の同窓会がありました

ハルです、こんにちは.

今日は、私の出身校である岩手県立花巻北高等学校の東京在住の卒業生の同窓会がありました。前回書きましたが、同期の卒業生である花巻市の上田市長及び高橋副市長が参加するというので楽しみに出たのですが、公務の為欠席でした。

しかし、それが結果として 良かったです。色々な先輩、後輩と話が出来て大きな収穫がありました。その収穫とは、岩手の一自治体である花巻市の実情が色々判り勉強になりました。花巻市は、岩手県の一自治体ですが、歴史もあり各種の資源も豊かです。今後面白い発展をする自治体だと考えました。前にも書きましたが、そのために、ハルもお手伝いをしようと決意しました(笑)これは本気です。

それは、ハルの仕事からして、医療関係の施設整備でしょう。これは必ずやります。今までにない医療施設を造りたいです。今後その案を練ります。お楽しみに。

(花巻市のホームページ)http://www.city.hanamaki.iwate.jp/

下の画像は、花巻北高等学校の応援歌を歌っているところです。
DSC_0036.JPG
posted by ハル at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル仕事百景 | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

「日本全国 地域仕掛け人市 2015」に来ていますA

ハルです、こんにちは。

前回に続き、「日本全国 地域仕掛け人市 2015」の報告をします。このフェアを見ての第一印象は、今後地方の町興し、村興しが盛んになって来るという確信を持った点です。理由は、このフェアの実行メンバーが、すべて若い人(20代〜40代)だったこと、町興し村興しの具体策が緻密でポイントを得ていたことです。

やはり将来にわたっての大きな運動は、若い人のエネルギーが必須です。その点で、この地域興し運動は、展開のベースが出来ていると考えました。また、目標を達成するには、緻密で効果的な策をとる必要があります。その点で、各種の方策が具体的に打たれていました。今後が期待できると確信しました。

ハルも花巻市の町興しに何か役立とうと決意しました。丁度来月、高校の同窓会が東京であります。そこには上田花巻市長と高橋花巻副市長が参加の予定です。2人とも私の高校時代の親友です。特に高橋副市長は、東京でも付き合っていました。2人に何か具体的な「花巻市町興し」策を提案しようと思います(笑)特に、医院開業も町興しに一役買う形を考えたいと思います。
posted by ハル at 16:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方での開業について | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

「日本全国 地域仕掛け人市 2015」に来ています@

ハルです、こんにちは。

今、東京のビッグサイトTFTホールに来ています。タイトルの「日本全国 地域仕掛け人市 2015」の地域興しのフェアに参加するためです。先週、妻からこのフェアの存在を教えられ、良い勉強だと考え、参加しました。今は、昼休みです。

午前中は、基調トークセッションがあり、午後からは、テーマ別セッション及び各団体のブースが見学できます。ほぼ全国から、52団体が参加し、地域興しの情報発信をしています。

第一印象は、これからの日本も明るくなるのではないか、それも地方から、と密かな希望を感じたことです。とにかく若い人たちが元気です。これには感心しました。まだ、夕方までプログラムがあるので、とりあえず以上を速報します(笑)

(サイト)http://challenge-community.jp/shikakenin/
posted by ハル at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方での開業について | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

江東区北砂5丁目の整形外科向き物件について

ハルです、こんにちは。

今日は、前々回紹介した物件を見てきました。立地は、文句なしで良い立地です。物件は、公団の団地にある建物の1階にあり、周囲から来易く、バス停も物件の向かいにあります。診療圏は、人口が多く、高齢者も3割近いです。

特に気に入った特徴は、団地内の設備や施設が整備され、住環境が良い点です。周囲は、いわゆる下町で、住宅が密集していますが、のんびりした雰囲気が感じられ、人々と気さくに付き合える環境です。

とにかく開業して早期に患者さんを200人以上集めたい整形外科の先生には、開業物件としてかなりお勧めです。関心のある先生は、メールをください。診療圏の資料を差し上げます。

メールアドレスは、こちらです→medilink@tky2.3web.ne.jp

2015年09月03日

「東京防災」ブックがきました

ハルです、こんにちは。

今日、郵送で東京都から会社に「東京防災」ブックがきました。東京都がオリジナルで作った「防災ブック」と「防災マップ」が入っていました。具体的且つ詳細に各種の防災行動が説明されています。防災マップには、近隣の避難所、避難場所が地図上に記載されています。

これを見て、改めて気が引き締まりました。東京直下型地震や東海沖地震は、いつ来ても本当におかしくないのだ!と。ハルも時々このブログで紹介してきました。前々回では、簡単に今後起こる大地震への心構えを書きました。本当に首都圏、特に東京23区は、人口密集地であり地震の際はリスクが高いと思われます。

医院開業コンサルタントとして、東京23区、横浜市、川崎市、さいたま市を開業好適エリアとして先生方に勧めて良いのかという思いがこの頃強いです。この点につき、随時、ハルの考えを書きます。
001.JPG002.JPG




posted by ハル at 18:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハルの日常 | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

良好な整形外科向きのテナントが出ました。

ハルです、こんにちは。

前に書きましたが、埼玉県での開業コンサルティングに力を入れていくのは、今後の方針です(笑)。しかし、開業コンサルティングが仕事なので、開業場所については、勿論、全国をフォローします。まだまだ東京23区も開業には良い場所が多くあります。要は、先生の開業目標が何かです。それと、今後の生き方をどうするかです。これから日本、そして世界は大激動の時代に入るとハルは確信しています。その時代の中で、医師として医院開業をどう考えどのように行動するかです。ハルは、あくまでも先生の思いを実現する立場を支援します。

さて、東京23区内で整形外科の開業に非常に面白い物件が出ました。場所は、江東区北砂5丁目です。診療圏内は、非常に人口が多く(約14万人)、競合は7件です。競合がやや多いですが、それでも1医院あたりの推定患者数は200人/1日を超えます。整形外科で、23区内で200人の推定患者数が予想される物件は、中々出ません。都内で整形外科の開業を考えている先生は、是非ご検討ください。

詳細は、下記のホームページで見てください。
http://www.kaigyobasyo.com/category/list/tokyo/
posted by ハル at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル仕事百景 | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

今日は、「防災の日」です

ハルです、こんにちは。

今日は、「防災の日」です。先生方、防災に備えた準備対策をしていますか?ハルは、会社と家に、地震に備えた簡単な備蓄をしています。会社では、数日間の食糧、水、雨具、寝袋などです。その他、ヘルメットを人数分用意しています。家では、更に簡単な調理道具や防寒具、工事道具などを備蓄しています。

4年前の震災では、東京は大きな被害が無かったので、1日位の不便さだけで済みました。しかし、青森、岩手、宮城、福島の各市町村では、大きな不便が生じたようです。

ハルは、ここ5年位で日本のどこかしらで大地震が起きるのではないか?(どこで起きても、実際おかしくないそうです。自然の力は計り知れません)と考えています。その為の準備を仕事の面、私生活の面で少しずつ行なっています。仮に、規模の大きい東京直下型地震なら、首都機能は停止し、将来的に日本の政治、経済、文化が大激変するのは間違いないです。何らかの形で首都圏在住の方はそれに備える必要があります。首都圏以外の地域では、東海沖地震、東南海沖地震、富士山の噴火等大災害の発生が予想されています。したがって、日本の広い地域で、近い将来の地震災害の発生が予想されているのです。

今後は、自然災害オンパレード状態になるかもしれません。なにかの引き金がひかれて、連鎖反応的に起こるかもしれないのです。ですから、先生方も最低限の準備は、自分なりにしてください。その事が後から自分や社会のために役立ってきます。
posted by ハル at 10:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル仕事百景 | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

医業承継の物件の紹介A

ハルです、こんにちは。

前回紹介した医業承継物件につき補足説明をします。

ハルも物件を見ましたが、@保土ヶ谷駅に近く、交通の便は良いです。A昨年は、8000万円以上のクリニック収入があったので、引き継いでもかなりの収入は見込めるでしょう。B設備機器は、十分ではないですが、少し整備すればより患者さんは増えるでしょう。是非一度検討してください。

2015年08月26日

医業承継の物件の紹介@

ハルです、こんにちは。

面白い医業承継の物件が出ましたので、ご紹介します。院長先生の健康上の理由で、盛業しているクリニックを引き継いでくれる先生を探しています。良好な内容を持つ物件なので、ご興味のある先生は、メールか電話でお問い合わせください。

概要は、次の通りです。続きを読む

2015年08月25日

地方での医院開業コンサルティングに力を入れます(続)

ハルです、こんにちは。

前回に続きます。地方での開業は、大きな流れになると信じています。そのことが、地方の再生につながり、牽いては日本の前進につながるとハルは確信しています。

ハルは、60歳です。あと10〜20年は生きるでしょう。その時間を元気で楽しく生きたいと考えています。それも社会と深くつながってです。ひっそりと暮らすつもりはありません。人間は、社会的動物と言われますが、広く深い意味に捉えたいです。「人生、楽しく生きる、それも社会と深くつながって」です。

先生方の仕事は、社会の中で生活の基盤になる仕事です。ですから、今の医師の仕事を楽しんでください。特に、開業を目指すなら、開業が楽しく(苦労も醍醐味の内と言いますしね!)なるように準備していきましょう。その為の選択の一つが地方での開業になるとハルは考えています。

AY112_L.jpg


posted by ハル at 13:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方での開業について | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

地方での医院開業コンサルティングに力を入れます

ハルです、こんにちは。

前回まで、5回に亘って新刊書「地方消滅と東京老化」について書きました。ハルは、この問題について今後自分で何ができるかを考え、行動を起こします。仕事が医院開業コンサルティングですから、地方での開業コンサルティングに力を入れていきます。地方の再生、及び活性化に役立つ医院開業コンサルタントを目指します。

「地方での開業について」は、時々書きますが、決して東京(大都市)での開業が駄目というつもりはありません。しかし、この本を読んで、地方での開業の社会的価値の高さを感じたので、やはりハルも力を入れるべきだと考えました。それが60代のハルの仕事だと決意しました。特に、関東圏では、埼玉県での開業支援をここ数年の主要テーマにします。

埼玉県は、医院、クリニックの開業には、メリットが多い地域だと考えています。今後、このブログでも、埼玉県に限らず各県の実情や長所短所(メリットとデメリット)を随時書いていきます。ご期待ください(笑)
08_4[1].jpg
空からの埼玉副都心の様子(C)STIB
posted by ハル at 18:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方での開業について | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

必読の本の紹介「地方消滅と東京老化」増田寛也 河合雅司 ビジネス社D

ハルです、こんにちは。


今日も、前回に続き「地方消滅と東京老化」の感想を書きます。前回で書きましたが、「地方消滅」と「東京老化」(老化の問題は、大阪や名古屋にも出てきます。したがって、大都市における問題でもあるのです)は、日本国にとり最重要課題だと考えます。そして、対策を打ち実効化するには長期(30年間ぐらい)の時間が必要でしょう。もっとかかるかもしれません。もう待った無しの現状です。


この本では、問題点ばかりではなく、具体策の提案もしています。前々回に紹介したこの本の目次の「第二部」を見ると概略が判ります。例えば、
続きを読む
posted by ハル at 18:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろツール紹介&ハルの本棚 | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

必読の本の紹介「地方消滅と東京老化」増田寛也 河合雅司 ビジネス社C

ハルです、こんにちは。


今日は、前回まで数回に亘って紹介した「地方消滅と東京老化」について、ハルの感想を書きます。


この本と増田寛也さんの前著「地方消滅」中公新書を読んで、本当に深い絶望感が襲いました。多くの市町村の消滅や東京の老化は、まだ20年以上先のことです。しかし、一国民としてそんな事でいいのか!自分には関係ない!でいいのか。これらの思いが突き上げてきます。


日本国が疲弊し衰弱することが、将来の事だから自分には関係ないと言っていいのか?少なくとも今40代の先生達には、
続きを読む
posted by ハル at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろツール紹介&ハルの本棚 | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

必読の本の紹介「地方消滅と東京老化」増田寛也 河合雅司 ビジネス社A

前回に続き「地方消滅と東京老化」について紹介します。


ちょっと長いですが、「まえがき」を抜粋します。

(以下抜粋)

まえがき


昨年(二〇一四)拙著『地方消滅』(中公新書)を上梓した最大の理由は、人口減少に対する国民全体の危機感の希薄さに収斂する。

 岩手県知事時代に各地で行われる小学校の統廃合を目の当たりにした際、地域での危機感のなさを肌で感じた。盛岡市でこんなに人口が減っていいのかと私が問題提起したときも、市民のあいだに際立った反応は見られなかった。いちはやく人口減少を目の当たりにして深刻な危機感を抱いているはずの中山間にしても、同じようになかなか動こうとしなかった。

 なぜこうまで危機感に乏しいのか?
続きを読む
posted by ハル at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろツール紹介&ハルの本棚 | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

必読の本の紹介「地方消滅と東京老化」増田寛也 河合雅司 ビジネス社@

ハルです、こんにちは。

今年も猛暑です。いかがお過ごしですか?ハルは、お盆休みを3日とりました。久しぶりに、13日は1日ゆっくりしました。昼からビールを飲み、夕方は5時前からビール、ワインとお酒をゆっくり飲みました。ハルの数少ない楽しみは、読書と仕事と美酒の飲み比べです。飲む量は少ないですが(2合〜3合)、厳選(高価な酒ではなく、良質の酒)した酒を飲みます。

今回も美味いワインを飲みました。最近凝っているのはチリワインです。義弟がチリで事業をしているのでその影響です。チリワインは、非常にコストパフォーマンスが高いです。岩手のワインも質が高いですよ!

さて、7月に購入した良書を今回は、紹介します。「地方消滅と東京老化」増田寛也、河合雅司 ビジネス社。

この本は、以前紹介した「地方消滅」増田達也 中公新書 の続編的な本です。非常に深い内容で刺激を受けます。次回以降は、その概要をお伝えします。

AY117_L.jpg

posted by ハル at 10:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ハルの日常 | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

ホームページ作成時の準備作業について

ハルです、皆様お元気ですか。やっと暑さが一段落?したようです。

今回は(3ヶ月ほど休んだので、少しお役立ち情報をお伝えしていきます。《笑》)、「効果的なHP作成には、しっかりとした構想と手順が必要です」をテーマに据えて、書いていこうと思います。先生方が、HP作成に関与する時の注意事項、そして手順をお伝えします。ハルが常々言ってきました、HPを有効に使う方法論です。参考にしてください。

基本構想と目的

どんなHPにしていきたいのか?と言う方向性をまず考えます。
下記に、1から5までの質問がありますが、これに答えていく事によって、おおよその青写真(HPの方向性)が出来てきます。

@テキスト重視のサイトにするのか、否か?
AFLAS画像(スライドショーのような動画の事を指します)をトップページに使用するのか、しないのか?(使用した場合、しなかった時よりも作成費用は割高につきます)メリットとしては、アピールポイントが高い&トップページのインパクトが高い等があげられます。
Bページの色調をどうするのか?
Cクリニックのオープンに合わせてHPを開設するのか、しないのか?
Dブログもしくは、ツイッターを併用する形にするのか、しないのか?

次にHP付属ツールについて決めていきます

@問い合わせメールをどういう形にするのか?メールフォーム埋め込みタイプにするのか、メーラー立ち上げ型タイプにするのか
A今はスマホの時代。携帯閲覧用サイトを作るのか、しないのか?
Bヤフービジネスエクスプレス(ヤフーカテゴリ検索登録/有料 審査料52,500円かかります)の登録は、HP開設時からにするのか、それともしないのか?

等です。そして決定した事項をHP作成業者に伝えて、HPフローチャート(おおまかなHP作成の全体図)を作ってもらいます。そのうえで、フローチャートを見ながら業者と共に話し合い、提案されたコンテンツ(HPを形作るパーツの事を言います)を取捨選択し、HPの大枠を作ります。

次回は、作成手順の流れとその他の重要ポイントを書きます。

2015年05月20日

新緑の季節にふさわしいブログパーツご紹介

ハルです、こんにちは。深緑がまぶしい季節になりました。そんな季節にぴったりのブログパーツのご紹介です。ふわふわ浮かんでいるしゃぼん玉は、カーソルを当てるとぱちん・・ぱちん・・と壊れていきます。


posted by ハル at 16:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おもしろツール紹介&ハルの本棚 | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

60歳の雑感A

ハルです、こんにちは。

 前回では、明日このブログを書くと公言しましたが、1週間ほど経過しました。いつもの悪い癖です。お詫びします。

 今日は、「今後の日本について」という大きなテーマですが、私の予測から言うと、平成27年〜40年までは、今までにない激動の時代が来る!と予測しています。コンサルタントである以上、時流を読むのも仕事の内だと思っています。

 まず、政治ですが、少なくとも平成27年〜37年は現状の「我よし政治」が続くでしょう。その後は、まともな政治家が出始め、平成40年頃からは、名実ともに良好な政治が運営されると予測しています。いろいろ本を読んで分析・予測した結果がコレになりました。

 経済ですが、確実にここ3年間は不況そして恐慌が続くと考えています。今までの経済体制は、かなり無理がありました。「強いもの勝ち、どんどん成長させる、大量生産・大量消費」、という発想だからです。だから今、地産地消・リユース(3つのRと呼ばれています)が叫ばれているのだと思います。無理、無駄が多かったのです。これでは順調且つ安定的な発展は無理です。自然の摂理に反しているのです。人口ピラミッドが逆三角形になっている。と言うのが、不自然ではなくてなんなのでしょうか?

 社会についても、超高齢化、少子化、非婚化という社会問題が深刻化してきています。自然の摂理に反した社会の進め方では、日本の発展に結びつかないと考えています。日本は、世界の中で恵まれた且つまともな文化を持った成熟社会なのですから、理想的な発展をする必要(自然の摂理に沿った発展)があるのです。それをやらなければなりません。

 青臭く且つ抽象的な論調になりましたが、本当にここ10年は超激動の時代だと考えます。しかし、日本の未来は、絶対に明るいと確信しています。先生方、それぞれ明るい未来に向かい行動してください。
posted by ハル at 18:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶 | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

60歳の雑感@

ハルです、こんにちは。

60歳を迎えて、大きな変化はないですが、数年前より高齢者問題が最大の関心事になっています。このままで日本は良いのか?大きな歪みを抱えたままでは、大変な社会を迎えるのではないか?その疑問が日々膨らんで来ています。
4月8日の朝刊に「飲めずに残薬山積みに・・・」と言う記事が出ていました。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6155775
調剤薬局では、薬の飲み残しについての確認が義務化するそうです。

続報です

薬漬け 処方されるまま(記事タイトル)
リンク先は、公開時間が過ぎて閉鎖されましたので、削除いたしました。

今朝5月25日、朝日新聞の朝刊に掲載されていた記事です。読まれた方も多いと思います。
これは、いろいろな要因が絡まりあっているので、すぐにどうこうできると言う問題ではないのですが、見過ごす訳にはいかない問題だと思います。いろいろ言いたい事はあるのですが、うまくまとめられる自信がないので(それだけ難しい問題だと思うのです)この記事を読んでね!そしてみんなで解決策を考えて行こうよ!と言う事のみに留めておきます。

追加情報
日経メディカルオンラインでも、同様の記事がUPされていました。以下抜粋(一部)です。

 残薬の何が問題なのか? 使用期限を過ぎた薬剤を患者が飲んでしまうなど安全性の問題があるのはもちろんだが、問題になっているのはその薬剤費。本来は治療上必要な医療費だったが、結果的に無駄になっている部分があるのではないか、ということだ。

 2012年の調剤報酬改定では、残薬の問題が取り上げられ、薬局が患者に残薬の状況を確認することが点数の要件に入った。その流れで、患者の残薬を整理したり、処方医に情報提供をして処方量を調節してもらうよう依頼する取り組みも行われている。

 患者がきちんと薬を飲めていないのには様々な理由があり、薬局薬剤師は以前から「いかに飲ませるか」に、あの手この手の工夫をしてきた。しかし、このところ長期処方が一般化して、大量の薬剤を一度に患者に交付するようになり、問題は大きくなっている。
ニュースソース元は、こちらです。↓
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201402/534785.html?ref=RL2

ハルも、高齢者の仲間入りにあと数年です。今後は、高齢者が社会の色々な場面で推進役を担う必要があると確信しています。ハルもその一翼を担う覚悟でいます(笑)。年寄りの冷や水ではなく、心底、元気で楽しんで暮らしていこうと決意しています。

そのための人生計画も練っています。60代前半で65歳〜80歳までの生活維持のベースを作り、無理なく生活維持をしていこうと考えています。その際の方針は、「楽しく元気に」です。

明日、明後日と「日本の今後について」、「老後の生き方について」を先生方と考えたいと思います。日本の未来は明るいと確信して進みます(笑)
posted by ハル at 18:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサル仕事百景 | 更新情報をチェックする